181-0013 東京都三鷹市下連雀1-30-12
医療法人 社団 鎌田医院
電話0422-43-4621
最初の
ページ
院長の
ご挨拶
診療案内
土曜内科医師
アクセス地図
CT検査
胃カメラ
経鼻内視鏡
診療費
半日人間
ドック
健康診断
ワクチン
無呼吸症候群
超音波検査
関連資料
リンク集
Consultation
Information
Access Map

睡眠時無呼吸症候群外来

夜間睡眠中に呼吸停止を繰り返す病気
を睡眠時無呼吸症候群といいます。本
人は気づかずに睡眠中の"いびき"が停
止して家人が発見することが多く、昼
食後の強い眠気、朝に疲れが残るなど
がある方は要注意です。太った中年男
性以外にも東洋人は顎が小さく気道が
狭いため痩せている人や女性・子ども
でも発症します。

閉塞性睡眠時無呼吸の原因  

<気道が狭い> 
太った中年男性は気道に脂肪がつきま
す。また東洋人は顎が小さく気道が狭
いため痩せている人や女性・子どもで
も閉塞性無呼吸を発症します。

<舌の衰え>
舌も筋肉でできています。舌の筋肉
は、年々衰えて、弱く薄くなってきま
す。薄くなった舌は、口腔内にしっか
り収まらず、後方に落ちて気道を塞ぎ
ます。

<口呼吸>
顎の筋力が弱ったり、鼻づまりがある
と口が開いてしまい、しっかり舌を口
腔内に収めることができないため、舌
が後方に落ちてしまいます(舌根沈下)
更に高齢者に多い舌が下方に落ちてし
まう舌根下垂があります。
また泥酔すると舌や顎の筋肉がゆるみ
更に気道を閉塞します。口呼吸されて
いる方は起床時には、口がカラカラに
渇いてしまいます。

原因には個人差がありますので、どれ
が原因か見極めることが大切です。
また閉塞型と別の原因に呼吸中枢から
呼吸指令が滞る中枢型無呼吸症候群も
あります。

睡眠時無呼吸は、朝の血圧が高い早朝
高血圧、血圧の薬が効かない、成長ホ
ルモン低下による肥満、糖尿病等の原
因になり、また数年後には狭心症、心
筋梗塞、心不全、不整脈、脳卒中、突
然死を起こしやすくなります。慢性の
酸素不足により代償的に赤血球が増加
し多血症の原因にもなります。

脳の酸素欠乏により認知症のリスクは2倍
なると言われてます。またうつ病にも
高率に睡眠時無呼吸症候群を併発して
います。重症の睡眠無呼吸症候群を8
年間放置すると4割の方が亡くなると
いう報告があります。

高血圧の30%を占める二次性高血圧で
最も多い原因が睡眠時無呼吸症ともい
われています。また複数の降圧剤投与
でも血圧が下がらない難治性の高血圧
の最も一般的な原因疾患とされてます。

日本高血圧ガイドラインでは、2009年
から、高血圧の原因疾患として、睡眠
時無呼吸症の存在が明記されました。

既に心不全を発症している人について
も、睡眠時無呼吸症の合併が予後の危
険因子のひとつであることがわかり、
その診断や積極的治療に注目が集まっ
ています。
 
専門領域では、このように一般的な関
連性として認知されていますが、すべ
ての医療者の間で十分に認識されてい
るとはいえません。

治療の第一歩は早期発見・早期治療で
す。早めにチェックをして、適切な治療を
始めましょう。

主な症状として
1)大きないびき
2)寝ている間に息が止まる
3)熟眠感がない
4)昼食後など日中の強い眠気 、会議
  中の居眠り
5)朝のだるさ・頭重・頭痛・喉の渇き
6)夜間の頻尿・覚醒・悪夢を見る
7)朝方の血圧が高い、降圧剤を飲ん
  でもなかなか下がらない
8)赤血球の増多(多血症)等

上記の症状のある方は睡眠時無呼吸で
ある可能性がありますのでぜひご相談
ください。検査は睡眠時ポリグラフィの機
械を貸し出ししますので、自宅で2日
間睡眠の時だけ取り付けます。(下図)

機械は3台ありますが、全部貸し出し
中のときは、機械が戻り次第こちらか
ら連絡します。
受付で予約して下さい。検査費は、1
割負担で900円、3割負担で2,700円
です。

<ポリグラフィー検査>


当院では、睡眠時無呼吸症候群の重症
の方を除き、できる限り持続陽圧呼吸
器(CPAP)を使用せずに内科的に治
療を行っています。寝る姿勢改善、舌
根沈下予防運動、口テープ療法、嚥下
障害改善運動など行い、終夜血液酸素
濃度測定器で治療判定いたします。

中枢型睡眠時無呼吸症候群の軽症の方
には呼吸促進薬物療法を行います。

中等症の方には歯科医をご紹介しスリ
ープスプリント(マウスピース)の装着
、顎バンドの装着を行います。

重症の方には持続陽圧呼吸器(C-PAP)
等による治療も行います。

耳鼻科的処置が必要な方には、適切な
病院をご紹介します。また早朝高血圧
を伴っている方には、内科的内服薬を
処方します。

睡眠時無呼吸症候群の方は、不整脈や
内科的疾患を合併しているかたが多く
見られ、時に誤嚥性肺炎を合併されま
す。
早期のうちに肺CT検査で検査を行い、
嚥下障害の運動療法、食事療法を行い
ます。

この外来は院長の外来のみ診察、治療
を行いますので土曜日の場合は、院長
の外来日を調べてご来院ください。

睡眠時無呼吸症候群について

Copyright (C) 2006-2020 三鷹市下連雀 内科 胃腸科 鎌田医院 All Rights Reserved